振袖・留袖・訪問着などの着物の販売なら美しいキモノ丸年へ。

振袖・留袖・訪問着などの着物なら、美しいキモノ 丸年へ

●商品カテゴリー

【牛首紬】白山工房謹製牛首紬 茶色縞【tm02】

 
320,000 
在庫あり
+
ほしい物リストに追加

日本の三大紬、大島・結城・牛首。

双子の蚕(玉繭)から取れる希少な糸だけを使っているため、
年間生産量が一番少ないと言われますのが牛首紬です。
その中でも、約8割は白生地としての牛首紬であり、
その地に「後染め」にて柄を表現したものが、現在出回っているお品の大半を占めています。
本品のような「先染め」のお品は、京都・室町の問屋さんでも、
決して多くはお見かけする事もございません。
更に…
完全別織にて特別に織り上げられた「広巾」の一枚は、
男性でもお誂え頂けるほどのお品でございます!
今後も、後継者不足などのために、ますます価格が高騰すると言われております。
そんな稀少な紬の逸品、どうぞお見逃し無く!
加賀の国、霊峰白山麓の白峰村で八百年の昔から織り続けられる牛首紬。
玉繭から昔ながらの手法で糸を紡ぎ、心を込めて織り上げられる一反一反は、気品ある独特の風合いを見せてくれます。
釘にかけても破れないほど丈夫と言い伝えられておりますので、別名「釘抜紬」とも呼ばれます。
こっくりと深い黒色の紬地に表現された、「万筋模様」。
時代を問わずにお召し頂ける定番柄の一枚でございます。
縞柄の多い「先染めの牛首紬」においても、
これほどに細やかな「万筋」柄はこれまでございませんでした。
それを近年の技術革新によって、繊細に織り上げた完全別織の一枚でございます。
まさに牛首紬のもつ豊かな地風が最大限に活かされた、
秀逸なお柄行きでございましょう。
流行すたりはございませんし、ご年齢を問わずお召しいただけます。
お品が希少なゆえ、お値打ちに販売される事がほとんどございません。
どうぞこの機会に、織りの逸品をご堪能下さいませ。
お仕立ご希望の場合、
※胴裏7,560円~+八掛15,120円+お仕立代27,000円(全て税込)で承ります。
・海外手縫い価格です。国内手縫い希望の方は別途料金がかかります。